Dr藤原の整顎コラム

藤原 邦靖DC



将来に備えを。整顎リモート講座(121号掲載)

原稿執筆中の4月23日時点では、世界の新型コロナウイルス感染者数が約263万人に迫ろうとしています。国内では感染者が1万人を超え、緊急事態宣言下の自粛が続いています。幸い、当院では予約キャンセルは最小限にとどまっています。整顎は「歯科大学病院から勧められた下顎の骨切り手術を回避したい」など『重要性』に加え「眠れないほど」のアゴ痛や緊張型頭痛など『緊急性』も高い患者さんが多いため、影響が少ないようです。「将来への備えを」と、3.11直後から種まきした整顎が功を奏していることを実感します。

今、治療院業界は逆境に置かれ、私の元にも経営危機の相談が寄せられていますが、ピンチはチャンスと前向きに考えるべきです。良い学習機会と捉えインプットに専念しましょう。そして、今後も起こり得るパンデミックや自然災害へ中長期的に備える一つの手段として「整顎」専門院化を取り入れることもお勧めします。顧客の「長時間のほぐしが得!」という価値観も「15分未満の短時間接触」へとパラダイムシフトが起きました。整顎では時短化も可能です。また、東北大学とNTTが開発中の『顎関節症AI診断アプリ』が2022年にリリースされれば、これまで自覚症状がなかったアゴ難民による整顎の需要が倍増します。アフターコロナのV字回復を狙いましょう。

現在、日本整顎協会では信念あるカイロプラクターへの教育プログラムを計画中です。手技の分野では困難と思われ、私自身もタブー視していたリモート形式セミナーを、テレワークが推奨される今だから実施しようと考えています。数日間のオンライン講義を全国へライブ配信。あなたは貴院から一歩も出ず整顎の知識・技術を習得できます。遠隔指導できる根拠は整顎の技術体系の動画を通じた分析のしやすさ及び15年を超えた私の講師歴にあります。力加減が核となる揉みほぐし等と異なり、整顎は視覚情報から受講生の上達度を判断できます。受講者の検査・施術における姿勢や重心のかけ方、手の角度や動作などをモニター上で私が目利きし個別指導します。業界初のリモート道場を活用し、ぜひ近隣の歯科医院との「整顎」連携を目指してください。受講に必要なのは患者役パートナーとスマホかパソコンだけ。批判は覚悟のうえで、前代未聞のリモート整顎アカデミー(SA)を10月スタート予定です。ご興味ある方は「SA興味あり」と表題をつけ左記までメールください。

info@seigaku.org


唯一生き残ることができるのは、変化できるものである。(120号掲載)

私は、かつて顎関節症に悩んだ経験から「整顎」という新たなジャンルを生み出しました。アゴに着目したもう一つの理由は「差異化」です。「頭痛専門院」「女性専門院」など、クリニックでも専門院化が進んでいますが、顎関節専門院はほとんど存在しません。一方で、顎関節症はスマホ普及とともに増加中。「口が開かず、食べることが楽しくない」「顔がこわばって上手に笑えない」など、現在アゴの悩みを持つ人は厚労省の事態調査によると全国1,900万人もいます。「深刻な悩みじゃなさそう…」と思うかもしれませんが、悪化ループに陥ると「死にたい」ほど心を病む方も多いのが顎関節症の特徴です。腰痛などに比べ悩みが根深いのに、どこに相談したらよいか分かりません。脳神経支配のため思わぬ本能的な反応をしますから歯科医師はもちろん、素人が容易に手を出せない疾患です。(「知らぬが仏」の腕自慢セラピストもいますが…)巷に爆発的に増えている素人ほぐし業と競合しづらい分野で参入障壁も高いといえます。また、歯科マウスピース保険診療では効果が限定的です。単価も低いし歯科医師にとって顎関節症はやっかいごとなのです。整形外科医と異なりカイロプラクターと競合しないことを意味します。よって、歯科とは連携できる可能性も高いといえます。 

さて、「整顎」といっても、私は毎日、朝から晩までひたすらアゴだけを診ているわけではありません。必ず、背骨や骨盤を含む、全身のバランスを調整する施術します。上肢や下肢から施術する場合もあります。アゴだけ診てもかみ合わせがよくなるとは限らないからです。 

また、小顔矯正のように顏周りへの押圧を加えることはしません。なぜなら、表情筋や咀嚼筋の緊張を招き、症状を悪化させるリスクが高いからです。 

残念ながら現在、即席培養の整体師による頭部や顔面への施術によって健康被害を受けるケースが増えています。バイオメカニクスや神経学に対する知識の欠如によって生まれてしまう「アゴ難民」を私は救いたいと日々考え続けています。施術や考え方はアメリカで学んだことだけです。ダーウィンの「生き残るのは変化できる者」の至言のごとく、少しずつ形態を変化させながら新しい環境に適応していくのがカイロプラクターの進む道です。 

一般社団法人日本整顎協会 

ページ上部へ戻る